12月の演奏会のお知らせ

慌ただしい年の瀬にも演奏会。もしよろしければ。

----------
《リーデンローズ邦楽アンサンブル演奏会》

日時 : 2017年12月3日(日)  13:30 開場  14:00 開演
場所 : リーデンローズ 小ホール
入場 : 500円
曲目 : 夢の輪、風景、アクシス 他(随時追加いたします)

毎年恒例、リーデンの邦楽演奏会です。
自分は夢の輪と風景に参加です。
今年の合同演奏はアクシスですよ!
他の曲目はわかったものから追加してゆきます(^O^)/

----------
《ミニコンサート in 安公民館》

日時 : 12月17日
場所 : 安公民館
曲目 : 春の海

趣味で尺八をされている方からの依頼で、春の海を演奏いたします。
一足先に12月に。

詳細はcoming soon...
スポンサーサイト

[2017/12/31 00:12] | 箏 三絃 邦楽
トラックバック:(0) |
11月の演奏会のお知らせ

久しぶりに演奏会のお知らせを復活させました!!

きちんと毎回書けよ!って感じですが。

--------
《第5回 広島地区 邦楽演奏会》

日時 : 2017年11月5日(日)  12:30 会場  13:00 開演
場所 : 広島市東区民文化センター ホール
入場 : 無料
曲目 : 郷音、春の逍遥、陰と陽、菊の栄 他

尺八連盟主催の演奏会です。9つの箏の社中が参加いたします。
自分は永田箏曲会から飛鳥の夢で参加させていただきますよ!

--------

《きょうちくとう in 萬福寺》

日時 : 2017年11月12日(日)  15:00 開演予定
場所 : 萬福寺 (島根県益田市東町25-33)
入場 : 無料(拝観料 500円)
曲目 : きぬた、越後獅子、竹紫絃明 他

毎年恒例、島根の有名な名刹「萬福寺」でのミニコンサートです。
お寺自体が素晴らしく、見ごたえ十分!雪舟庭も趣深く迎えてくれます。

もう、何年も行っているせいか、演奏させていただく部屋の広い窓から
お庭が目に入ってくると、無性に落ち着くんですよね(笑)

広島からお越しでしたら、道中素敵な紅葉も楽しめますよ。

--------

《50周年記念 邦楽演奏会》

日時 : 2017年11月26日  13:00 開場  13:30 開演
場所 : 福山市神辺文化会館 小ホール
     (福山市神辺町大字川北1155-1)
入場 : 2000円
曲目 : 越後獅子、瀬音、三つのフェスタるバラード、秋の曲(25絃)、出雲路、天空の扉
出演 : 坂田梁山、平田紀子、鳥越奈々子、中村あゆみ 他

タイトルだけ見ると「なんの50周年?」ですが、
福山の楽器屋さん「内山琴製作所」の50周年です。

東京から坂田先生や紀子さん、奈々ちゃんも来てくださって豪華です~。

楽器も内山さんこだわりで、色々面白いものが登場いたしますよ!!
乞うご期待!!

開場も、舞台と客席が近く、とてもアットホームで良いホールだそうですので、
皆様ぜひお越しくださいませ~(*^-^*)

[2017/11/30 00:10] | 箏 三絃 邦楽
トラックバック:(0) |
昨日、毎年恒例の萬福寺ミニコンサート終了しました。

今年は木原さんとご一緒させていただきました(*^-^*)

萬福寺は益田にあるのですが、行きすがら紅葉がきれいでしたよ~~!
お寺の住職の奥様によると、今年はいつもより紅葉が少々遅いようです。
正にベストタイミングですね(^_-)

萬福寺さんには、ご本堂も素敵なのですが、雪舟の作ったお庭がありまして、
今年はいつもに増して、お庭の雰囲気が身に沁みました。
なんでしょーね?毎年見ているから?
お庭が目に入った瞬間、なぜだかとてもすっきりくっきりとした気分がしました。
相変わらずお庭に込められた意味は、深くはわからないのですが(^^;)

庭をバックにしての演奏で、非常に良いシチュエーション!面白い!のですが、
広島からは少し遠いですよね…。

もし、観光を兼ねて、という方がいらっしゃいましたら、
来年是非紅葉の季節に萬福寺においで下さいませ!

[2016/11/14 23:10] | 箏 三絃 邦楽
トラックバック:(0) |
ふー、昨日また一つ演奏会終了しました。

今回は尺八と箏だけで残月だったんですが…。

尺八と箏だけって難しいですねぇ。
いつもは三絃にめっちゃ頼ってますからねぇ。

尺八と箏だけ…。

とっても勉強になりました。



あ”-、演奏後のビールうまー(*^-^*)

[2016/10/31 21:43] | 箏 三絃 邦楽
トラックバック:(0) |



10月2日、岡野明山さんのリサイタル、なんとか終了しました!

……今回は無料ということでチケットを作ってなかったらしいのですが…。

まず、満員御礼、本当にありがとうございました。

そして、ホール内の通路でお聴きくださった方や、
ホール内に入れず、モニター鑑賞になってしまった方々にお詫び申し上げます。
せっかくお越しいただきましたのに、ご不便をおかけし、申し訳ございませんでした。
状況を伺うたびに心苦しく、、、うぅ、、(>_<)


個人的には「あ”ー、声が全然出なかったー!!」とか、
「あそこ合わせられなかったの悔しい~!!」とかいろいろ反省点もございますが、
内容的には、良い会だったのではないでしょうか。岡野さん万歳。

この度は、岡野名山さん古希、ということで、
70歳であれだけの会を催すなんて、運営の面でも演奏の面でも
「いやいや、自分だったら絶対無理だわ」と本気ですごいなと思います。
だって、ずっと吹きっ放しだし。
もう、尾上の20分だけで死にそう、、、。


ちょっとこぼれ話。
今回、明鏡を弾いた楽器、あれ実は光原君のなんですよね~。
替三味として持ってきてもらっていたやつ。

もともと当然自分の楽器でやるつもりだったんですが、
準備しながら駒とか撥とか試しているときに、

光「この三絃(替三味)、すっごい音硬いんだよねー(+_+)」
中「何々?撥が硬いの?」
光「いや、たぶん皮。弾いてみる?」
中『――弾いてみた――』「うっわ、確かに、感触もすっごい硬いわ。う~ん。」
中『――さらに弾いてみた――』「…むしろこれ、明鏡向きじゃね?」
光「!確かに!それあり!良かったら使って?」
中「そうねー。……うん、いけそう。わーい、借りるわ(´▽`)」

ということで。
かなりカンカンした音の三絃だったんですが、そこが明鏡には合ってるようでしたので。

ちなみにその後、

光「もう一回、中村三味で(明鏡)弾いてみて?」
中『――手の早いところ弾いてみた――』
光「ぶっは!!マジ地歌!!(爆笑)」
中「ホント、地歌でしかないなー(爆笑)」

その、どうにも地歌な三絃で、できる限り硬い音を出そうとして弾いていたので、
本番では楽をさせていただきました(*^_^*)



写真は岡野さんからおすそ分けいただいたお花。
中には、普段からウチの玄関に置いてある造花も混ざっていますが(笑)


[2016/10/03 21:50] | 箏 三絃 邦楽
トラックバック:(0) |